棘を抜く

togetterまとめアカウントでした。ツイッターをまとめています

お金は、あなたの能力や努力や素晴らしさをスコア化したものではない

 
お金はもっと水資源に近い概念だと思う。 あなたの水田が、「デカイ太い川のある地域か?」「川の上流にあるか?」「水田への用水路は太いか?」の3要素の影響がデカイ。
なのでお金に反映される努力や能力というのは… 「デカイ川のある地域に移動する」「川の上流にあがる」「川から水を引く用水路やポンプを拡張する」の3つの能力がメイン。それ以外の能力や才能や素晴らしさや頑張りは、お金稼ぎには特に反映されない感。
なので単純にお金が欲しければ、「デカイ川の上流」にまず引っ越すのが大事。逆に、今いる場所そのものが大事なら、ゲームのルールのほうを変えて、スキルや名声や充実や尊敬など、お金以外の何かをトップ指標にするプレイが良いのかなと。
なのでサハラ砂漠の中心で愛を叫ぶ超天才よりも、アマゾン川四万十川のほとりに住む仕事できない人のほうが稼ぐ。能力や努力はサブ要素。
「川の大きさ×上流からの距離×能力や才能や努力」みたいな計算式になるので…最強能力者でもサハラ砂漠に住んでると辛い。
あなたの価値と金銭価値は必ずしもイコールではない。それを知らないと… 給料とか資産額だけで、「自分は劣っている」とか「社会に評価されない」とか「あいつらはズルをしてる」みたいな、ダークサイドの思考に引き込まれる or 「お金は汚いもの遠ざけるもの」という観念にたどり着く。
同じように超天才であっても、クライアント→総合代理店→下請→クラウドソーシング→アシスタント… みたいな川の下流はツライ。どんなに輝く才能をもとうが、サッパリ稼げない。下手すれば、会長→飲み友達…みたいなのに負ける。人柄や価値や努力と関係なく、ポジショニングでバリューが届かない
…という感じなので…収入や資産の過多で、自尊心を壊しても、他人を見下してもいいことない感。
つまり、みんなもっとカタンやろうぜ!カタンドミニオンの中に、だいたいは真理は書いてある

togetteruser.hatenablog.com

自助・共助・公助が上手く噛み合うと社会は強く前進する

 
 
また見逃せないのは旅行業界の自助(徹底的な感染対策)です。これが甘くてクラスターが多発していたらGoToは頓挫していましたが、むしろ新規感染者は減少傾向です。直接給付金にしなかったことで浮いた予算は、どうしても自助・共助ができず困っている人々を救うために使うことができますね→
これがもし公助のみ(宿泊業者への直接給付金)だったなら、旅行客が観光地で食事やお土産や交通機関にお金を使うことはありません。各地方で営業を休止する事業者が増えていたでしょう。また直接給付金だとGoToの何倍もの予算(国民の税金)が必要です。そして経済活動はストップしたままなのです→
私たちがしっかりと自助・共助し、国や自治体が限られたリソースを有効に使って公助すれば、社会は豊かで強くなります。また本当に助けを必要とする人々が救われます。

以上、私の頭の中を整理するために当たり前のことを長々と書き連ねてしまいました。お付き合いいただきありがとうございます。
@xAegvg0JipIY0hD 同感です。
自助:会社が潰れた…生活するのに、仕事しなきゃ。でも、明日のご飯どうしよう
共助:(友人)なら、俺の家に来いよ。一月くらいなら面倒みてやるぜ。
公助:(ハローワーク)お仕事紹介しますよ。一年以上勤めていますから、失業給付金も支給されます。スキルが無ければ職業訓練もありますよ
@xAegvg0JipIY0hD とても分かりやすく、素敵なツイートをありがとうございます🍀
@xAegvg0JipIY0hD バランスをとって快適な社会生活ですね🍀
「公助」ばかり要求するような人達には解らないでしょうけど

togetteruser.hatenablog.com