棘を抜く

togetterまとめアカウントでした。ツイッターをまとめています

本当に危険なスパイ活動は007のようなものでは無く……

てか、相手と「仲良くするため」のお勉強と「ぶっ倒すため」のお勉強って、「相手をよく知る」という点において大いに重なるんだろうね。
@mujo_kun 先考の大叔父が東亞同文書院で學んだとか聞いた事が有ります。私が生まれる前に遠行しておられましたが。
先考が謂うには顔の洗い方も日中では異なっていたとか。探子は顔の洗い方でばれる事が多かった等と
@mujo_kun 親戚に東亜同文書院出身で、満鉄で勤務してた方が居ました。やはりそういう仕事についてたのか!
@mujo_kun 忍者も走って飛んで手裏剣飛ばしてのイメージがあるけど大半はその地域の方言を習得し、場に溶け込め情報を探れる様にしたって役割も大きいって聞きますね。
@mujo_kun 夫の昔の海外旅行の写真の中に橋脚のボルトだけを写したものがあってスパイなのかもしれん
@mujo_kun 米軍は地学科出身の幹部が多いけど、やはり初期にロジと練度でてひどい目にあったからの伝統なのかなあ。
@mujo_kunスワジランド(現エスワティニ)に行ったとき小さな村でタバコは一本売り驚いたのはスプーン一杯で食用油を売っていた😂値段はメモしたけど今は覚えていないwしかし些細なことが関連し色々な裏付けとなるのは間違いない
@mujo_kun 忍者は何年にも渡って諜報活動するそうで、まさにソレですね
@mujo_kun 第二次大戦の日本の諜報はあまり至らなかったのではとアジア諸国との関係性から考えたりします
@mujo_kun 地道なスリーパーの長期・世代継続的浸透は人的情報戦の基礎・・❄️🌱
@mujo_kun 東亞同文書院。懐かしい響きです。でも、スパイだなんて知らなかった。👀‼️
@mujo_kun 世界の中国アナリストで有名な中国経済の指標「李克強指数」。ウィキペディアでは鉄道貨物輸送量、銀行融資残高、電力消費の推移、としている。私は、中国のインテリからザーサイ消費量(榨菜指数)と聞いたことがあるが、これは混同?間違い?
@mujo_kun 禹域の大學で教鞭を執っていた時には毎日の買い物(肉包一個幾ら等と)事細かに日記に記していました。
今でも禹域の田舎へ行くと必ずつまらない買い物でも記録しています